“被免”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
めんぜられ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“被免”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
僕も壬申以来文部へ出仕、間もなく被免めんぜられ、医学校へ出、編書課に在、亦免官、朝野新聞に入、成島柳北と相交あひまじはり、夫より工学寮の本朝学課長となり、十月来又々被免、此節は閑無事かんぶじ、書肆の頼に付、真片仮名しんかたかなの雑書編成仕居候。(中略。)狩谷此節上野広小路へ御引越、是亦平安也。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)