“薄暗:うすぐろ” の例文
“薄暗:うすぐろ”を含む作品の著者(上位)作品数
岡本綺堂1
“薄暗:うすぐろ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
有合ありあう枯枝や落葉を積んで、手早く燐寸の火を摺付すりつけると、溌々ぱちぱち云う音と共に、薄暗うすぐろい煙が渦巻いてあがった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)