“葡萄割:ぶどうわり” の例文
“葡萄割:ぶどうわり”を含む作品の著者(上位)作品数
宮島資夫1
“葡萄割:ぶどうわり”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
昔は酎割ちゅうわり葡萄割ぶどうわり、ウィ、ブランの強烈な奴から、腹にもたまるどぶろくが安価なので、腹掛袢纏はらがけはんてんの客を呼んだ甲州屋も、遂にレストランとなってしまった。
四谷、赤坂 (新字新仮名) / 宮島資夫(著)