“萱堂:けんだう” の例文
“萱堂:けんだう”を含む作品の著者(上位)作品数
森鴎外1
“萱堂:けんだう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
少焉しばらくして、さあ、睡魔が降伏したら、もう少し遣らうと云つて講説した。酒を饗することは稀であつた。当時わたくし共は萱堂けんだうのお世話になり、あなたをも抱いたりおぶつたりしたことがある。抽斎先生の亡くなつた後も、二三年は本所のお宅をお尋したから、わたくしはあなたの四五歳の頃までの事を知つてゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)