華客おきやく)” の例文
理髮店の店は、其頃兎や角一人前になつたノロ勘が讓られたので、唯一軒しか無い僥倖には、其間が抜けた無駄口に華客を減らす事もなく、かの凸凹の大きな姿見が、今猶人の顏を長く見せたり
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
理髪店の店は、其頃兎や角一人前になつたノロ勘が譲られたので、一軒しか無い僥倖には、其が抜けた無駄口に華客を減らす事もなく、かの凸凹の大きな姿見が、今猶人の顔を長く見せたり
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)