“華客場”の読み方と例文
読み方割合
とくいば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに華客場の中でも、師匠の家の内輪へまで這入っていろいろ師匠のためを思ってくれられた特別の華客先もありました中に
これは、店のれることを用心するには、注文の品を手堅く念入りにして、一層華客場の信用を高めることが何よりと感じたからであった。
この三枝家が私の師匠東雲師の仕事先、俗にいう華客場であったので、師匠は平常当主の竜之介と懇意にしておりました。