“茅淳”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちぬ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“茅淳”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
遠く西方を見渡すと此所からでは低く青田が連つて青田の先はすぐに茅淳ちぬの海である。
松虫草 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
雨ないたくもちてなよせそ茅淳ちぬの海や淡路の島に立てる白雲
長塚節歌集:1 上 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)