“聯亙”の読み方と例文
読み方割合
れんこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
して徳川時代における偏理的儒教は、早くも神道と抱合し、尊王賤覇、大義名分、倒幕復古、祭政一致の理想を聯亙するに到れり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)