“羅宇直”の読み方と例文
読み方割合
らうなお100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
羅宇直しの細い煙を立ててはいるものの、芸術的な本能やむにやまれず、捨てたはずのを取っては、こうして日夜人知れず、何かしきりに彫っているんです。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
羅宇直しの稼業に出られないのは、むろんのこと……なによりすきな、というよりも、イヤ、それはもう第一の本能といっていいほど、さえあれば手にせずにはいられない馬の彫刻にも
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)