“纏白”の読み方と例文
読み方割合
てんぱく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
生みの親の、その肉親の纏白の情は、殊に老後の思い出に遥々たずね当ったなる歓びは心情の捻纏を一層に煩わしくしよう。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)