“織物類”の読み方と例文
読み方割合
おりものるゐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
尋ねけるに是は四年に江戸表へ引越たりと言にぞ吾助は木蔭心地して尚も種々と聞合するに當時は江戸本郷邊に呉服物の見世を出し當所より織物類
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)