“織機台”の読み方と例文
読み方割合
はただい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三つの時孤児になり、庄屋であった本家に引き取られた銀子の母親も、いつか十五の春を迎え、子供の手に余る野良仕事もさせられれば、織機台にも乗せられ
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)