“織指”の読み方と例文
読み方割合
せんし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おや、こんな物、仕方がないわ」と、姉娘は織指に摘まみあげて、ポンと海中に投げ込んだが、空瓶はふたたび打ち寄せる波にもまれて、すぐまた足許にコロコロと転んできた。
南極の怪事 (新字新仮名) / 押川春浪(著)