“織匠”の読み方と例文
読み方割合
はたや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これだけ話せば、この思ひがけない女房に飛び出されて、織匠教父がどんなにおつ魂消たかは、蓋し思ひ半ばに過ぐるものがあらう。
「お前さんに何の用があるだね?」と、織匠も口を揷んだ。「これあお前さんのぢやなくつて、あつしたちが流して来たんだぜ。」
「野豚だと! おい、まるまる一匹の野豚だとよ!」さう言つて、織匠教父をゆすぶつた。「だが、何もかもお前さんのせゐだよ!」