“繋母”の読み方と例文
読み方割合
カケモ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吾恋者千引乃石乎七繋母諸伏など見えたれば大なる石の事を云へる古言なり、千人して引べき石と云ふ義にて、日本書紀神代巻に、千人所引磐石と書したるも
東奥異聞 (新字新仮名) / 佐々木喜善(著)