“繊妍”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せんけん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“繊妍”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語(児童)7.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼が同盟を提議した婦人、しかも最初見た時から並々ならぬ美人だと思ったとおり繊妍せんけんたる容姿楚々たる風姿、その婦人の面前にあってどうしてかかる屈辱を忍ぼうや。
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)