“繇糸”の読み方と例文
読み方割合
ゆるぎいと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
亀井片岡鷲尾、四天王の松は、畑中四処に、雲をい、繇糸の風を浴びつつ、ものは粛々として衣河に枝をかし、ものは恋々として、高館を伏せたのが
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)