“繁藏”の読み方と例文
読み方割合
しげぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
直に其の頃探偵捕者の名人と呼ばれた金太郎繁藏という二人の御用聞を呼寄せて、御用の旨を申含めました。
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)