“縷金荷葉”の読み方と例文
読み方割合
るきんかよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、三男の祝彪が、これも縷金荷葉のうすがねのに、紅梅縅しのクサリを着し、白馬紅纓の上にまたがって、三叉の大鎗も派手派手しく、部下百人の先頭に立って城門の外へ出てきた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)