“縦撃”の読み方と例文
読み方割合
しょうげき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平安軍を引いて突至し、燕兵千余を殺しゝも、王歩軍いて縦撃し、陣を横貫し、断って二となしゝかば、南軍に乱れたり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)