“緊那羅神”の読み方と例文
読み方割合
きんならじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おのが手作りの弁天様に流して余念なくれ込み、三味線のあじな小歌もせねど、夢のには緊那羅神の声を耳にするまでの熱心、あわれ毘首竭摩魂魄も乗り移らでやあるべき。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)