“緊那羅王”の読み方と例文
読み方割合
きんならおう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一、そも/\山の御神、数を申せば千二百神、本地薬師如来にておはします。観世音菩薩の御弟子阿修羅王緊那羅王摩𦞈羅王と申す仏は、日本の将軍に七代なりたまふ。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)