“網繩”の読み方と例文
読み方割合
まうじよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今迄は深く念頭に掛けざりし儀式も義務も急速にしかけ来り、俄然其境界を代へしめて、無形より有形に入らしめ、無頓着より細心に移らしめ、社界組織の網繩に繋がれて不規則規則にはまり
厭世詩家と女性 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)