“網板”の読み方と例文
読み方割合
あみばん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
過ぐる年の新聞紙上の記事で讀み、網板の插畫でも見た城崎地方の震災直後の慘状が、その時私の胸に浮んだ。
山陰土産 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)