“維管束”の読み方と例文
読み方割合
ゐくわんそく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何があんな花弁を作り、何があんなを作つてゐるのか、俺は毛根の吸ひあげる水晶のやうな液が、静かな行列を作つて、維管束のなかを夢のやうにあがつてゆくのが見えるやうだ。
桜の樹の下には (新字旧仮名) / 梶井基次郎(著)