“継雪村”の読み方と例文
読み方割合
けいせっそん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同時代の画僧に、松花堂と号した滝本昭乗などもあり、雪舟門の系脈をひいた雲谷等顔だの、継雪村だの、幾多の作家を見ることができる。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)