“継嵌”の読み方と例文
読み方割合
つぎはめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると草川巡査は、その継嵌の板片の中の一枚を外から何の苦もなくパックリと引離して、そこから片手を突込んで鉄火箸を引き抜いて、掛金をした。
巡査辞職 (新字新仮名) / 夢野久作(著)