“経喪”の読み方と例文
読み方割合
ツクモ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
経喪髪である。俤に見ゆの序で、慣用から来た誤解であらう。かげ(蘿)にかけてゐた。日かげのかづらをかけるからである。百年に一年足らぬとは、つくもの枕詞ではない。