“細頸”の読み方と例文
読み方割合
ほそくび100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その挙げた足を、どしんと、お雪さんの肩に乗せて、柔かな細頸ほそくびをしめた時です。
木の子説法 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)