“索字”の読み方と例文
読み方割合
ソオツー100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此の時、飜牌は早く方々から出て居るのだし、道子は総かくしの手ではあるが、索字を、一個も捨てて居ないのだから、道子が索字の清一色を企てて居ることは誰の目にも明かなのである。
彼が殺したか (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)