“紡績縞”の読み方と例文
読み方割合
ぼうせきじま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
肩のいかった身体付のがっしりした女であるが、長年新富町の何とやらいう待合の女中をしていたとかいうので襟付紡績縞双子鯉口半纏を重ねた襟元に新しい沢瀉屋手拭を掛け
雪解 (新字新仮名) / 永井荷風(著)