“紡績場”の読み方と例文
読み方割合
いとひきば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一切万事が生き生きとして進行し、判で押したようにきちんきちんと片づいて行った。磨粉場晒布場が活動すれば、羅紗織場や指物工場や紡績場がどしどし働いていた。