“納戸金”の読み方と例文
読み方割合
なんどきん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新殿は御成御殿ともいう。折々、将軍綱吉が遊びに来るので、莫大な納戸金を借出して、増築したものである。設計の、善美、いうまでもない。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)