“紅月莪”の読み方と例文
読み方割合
ホンユエウオ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仲間の工人から、工場での美人とされている、しかし、日本人が見ると、どうしても美しいとは思われない、平たい顔の紅月莪がびっくりして身を引いた。脚が弱々しく細かった。
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)