“紅一点”の読み方と例文
読み方割合
こういってん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
画に彩色あるは彩色なきよりれり。墨画ども多き画帖の中に彩色のはつきりしたる画を見出したらんは万緑叢中紅一点の趣あり。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
なるほど、この山水の紅一点。今——西麻植の岸へ船をつけて、スラリと、そこへ下りた美人がある。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
君をば満緑叢中紅一点ともいいつべく、男子に交りての抜群の働きは、この事件中特筆大書すべき価値ありとて、妾をして卓子の上に座せしめ、其処にて種々の饗応あり。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)