“紀大人臣”の読み方と例文
読み方割合
きのおおひとのおみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天智天皇御病きとき、次の皇位をめぐって再び野心ある群卿の謀議がひそかに行われた。左大臣蘇我赤兄臣、右大臣中臣金連蘇我果安臣巨勢人臣紀大人臣等は大友皇子を擁して誓盟した。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)