“紀朝臣清人”の読み方と例文
読み方割合
きのあそみきよひと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紀朝臣清人は、「天の下すでにひて降る雪の光を見れば貴くもあるか」(巻十七・三九二三)を作り、紀朝臣男梶
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)