“糾々然”の読み方と例文
読み方割合
きゅうきゅうぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の制、天子のは、くに黄瓦を以てす、旧瓦は用無し、まさに黄なるにるべし、といえる道衍が一語は、時に取っての活人剣、燕王宮中の士気をして、勃然凛然糾々然
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)