“籠渡”の読み方と例文
読み方割合
かごわた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何かといいますと、例の木曾路の大妻籠あたりでは重宝がられている籠渡しというしろもの。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)