“籠上”の読み方と例文
読み方割合
こみあげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、いつも沈着いてる男が、跡から跡からと籠上る嬉しさを包み切れないように満面を莞爾々々さして
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)