“篠岡”の読み方と例文
読み方割合
ささおか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのときもう山の上へ上って来た織田方の滝川左近、篠岡平右衛門などの部下の顔はつい先の方に見えていた。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
織田勢の先鋒、滝川左近、篠岡平右衛門などの兵が、はや近くの村々に入りこみ、ここにお以下御一門がおわすことを里人から聞き知ったらしく、遠巻きに通路を断って
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)