“篝屋奉行”の読み方と例文
読み方割合
かがりやぶぎょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六角時信といえば、昨今、市中で羽ぶりのいい篝屋奉行(警視の職)のひとりである。——近江源氏の佐々木一族で、この秋の叡山攻めでも、とにかく湖畔の戦いでは勇名を売っていた。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)