“算梯”の読み方と例文
読み方割合
そろばん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この子供にはこれこれのことが適当だろうとまだこわれもしない人生の算梯をはじくのである。
しゃりこうべ (新字新仮名) / 室生犀星(著)