“箕浦勝人”の読み方と例文
読み方割合
みのうらかつんど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ソレからその論説を起草して、マダその時には時事新報と云うものはなかったから、報知新聞の主筆藤田茂吉箕浦勝人にその草稿を見せて
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
それから義塾の矢野文雄、故藤田茂吉犬養毅箕浦勝人加藤政之助森下岩楠などいう連中が我輩の宅に来る様になって、到頭何時の間にか我輩の乾児になってしまった様な訳だ。
馬場辰猪箕浦勝人等をそれぞれ重要なポストに配置して改進党を組織し、更に党員の中から別の人材を抜擢して、新聞経営を行い、此処に一大宣伝力を発揮した上に、東京専門学校によって
早稲田大学 (新字新仮名) / 尾崎士郎(著)