“筋達”の読み方と例文
読み方割合
すぢかひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「考へて見よう。——曲者は淺草橋から、筋達見附の間に限つて出て來る。橋を越したこともなく、辻番や町木戸を通つたこともない」