“筋素生”の読み方と例文
読み方割合
すじすじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のみならず、困ったことには僕自身がインチキ文学の作者であって、正真正銘の文学に縁の遠い筋素生の悪さを自覚している次第である。
インチキ文学ボクメツ雑談 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)