“筆道”の読み方と例文
読み方割合
ひつだう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
重四郎と今年二十五歳にて美男手跡其上劔術早業の名を得し者なるが父重左衞門より引續き手跡の指南をして在ける故彼の穀屋平兵衞の悴平吉も此重四郎に筆道
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)