“笊森”の読み方と例文
読み方割合
ざるもり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
みんなは、もだと思つて、それから西の方の笊森に行きました。そしてだん/\森の奥へ入つて行きますと、一本の古いの木の下に、木の枝であんだ大きな笊が伏せてありました。
狼森と笊森、盗森 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
みんなは、もだと思って、それから西の方の笊森に行きました。そしてだんだん森の奥へ入って行きますと、一本の古いの木の下に、木のであんだ大きな笊がせてありました。
狼森と笊森、盗森 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
いちばん南が狼森で、その次が笊森、次は黒坂森、北のはづれは盗森です。
狼森と笊森、盗森 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)