竹笑ちくせう)” の例文
支那人は竹が風に吹かるるさまを、竹笑と名づける由、風の吹いた日も見てゐたが、一向竹笑らしい心もち起らず。
雑筆 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)