“端岡”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はしおか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“端岡”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
勘五郎 それでな、もう端岡はしおかまでは来とる、いう噂じゃけに、この村でも、加担するか加担せんか、今のうちにめとこうていうてな、八幡さまで、村の若い衆の集りがあるのじゃ。
義民甚兵衛 (新字新仮名) / 菊池寛(著)